s

s11

木の力

これも珍しいことですが、私たちが「ワザリングハイツ」と名付けるこの建物の内装は「杉材」を多用した建物です。

実を言うと、杉のこれでもかこれでもかというその素材の持つ表現力の強さを薄めるために、ここでは逆にいかにその杉の存在を消すかということに力点が置かれています。

矛盾しているかもしれませんが、杉は美しい。赤身と白太のコントラストが、無節も節ありもそれぞれに主張してその存在感を高めます。その美しさが際立ちすぎるのが難点で、いわゆる自然素材の家ですと言う作りが実はちょっぴりtoo much なのです。

素材が素材として控え目にある。生活の中で自然に溶け込む。あえて杉を多用して、杉に控えてもらえたらこれほど素晴らしいことはないだろう。

エイジングと自然素材

自然の素材を活かすためにあえてエイジングをぶつけてみるのも住まいに奥行きが生まれるものです。古いもの。古い素材。新しい素材を古びて表現する。
そのための塗装もまた、私たちには大事な表現となります。植物性の塗料を中心にアンティークオイル、蜜蝋、泥絵の具、柿渋、久米蔵。
 

s3

  

今回の塗装工事もまた、ありとあらゆる塗料がまるで見本市のように登場することになりました。

 

私たちが手作りにこだわる訳

手を伸ばせば便利なものがたくさんある。
そんなご時世だからこそ、手を伸ばさなければ届かない不便なものとの共有が生活を豊かにするのではないか、と考えるのです。

無機質な建築よりも有機的な建築を。すべてを手作りで叶えることはできないけれど、心豊かな世界を家づくりで叶えたい。

だからこそ、コモハウスは手作りにこだわるのです。

s23

 
 

s4

s14

s30

s18

s7

s15

s8

s22

 

 

home < ご相談、ご案内

s9
s1
s2
item2
s24